螺旋の道

久遠蓮による、ぐだぐだブログ。 毎日更新中。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … やべやべ;BLOGTOP » 日記 » TITLE … やべやべ;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やべやべ;

広告でたってことは、一か月放置してたんかいあたしー!?
そんなこんなで、一か月ぶりでございます。


大学生になりまして、めまぐるしい毎日を送らせてもらってます。


そうだなぁ、とりあえず能楽研究部のことでも。

文化祭とあと年に二回、舞台をやるんですが、その舞がとんでもないことになりました・・・。
一年生が、後半でやるレベルの舞をいきなり舞うことになりました←
ちなみに、やる舞は2つ。
「西王母(せいおうぼ)」と「葛城(かずらき)」。
ちなみに葛城は本来、「かつらぎ」っていうんですが謡の表記だとこうなってるので(^^;


西王母は、すごい美人の天女の舞。
葛城は、顔が醜い女の人の舞。

これだけいうと、いろいろ誤解が来そうですが。
さらに付け加えていうと、

西王母は、結構なお嬢様体質で(この場合女王だろうか?)、ある男を褒める舞なんだけれども、かなり上から目線で褒める人。
葛城は、顔が醜いから人前に出るのが嫌で、橋を造らねばならないのだけれども、昼間に出るのは嫌だから、夜こつこつと橋を造り、完成させるというひと。

つまりは、「綺麗だけどプライド高そうな女の人をやるか(西王母)」、「醜いけどけなげな女の人をやるか(葛城)」と先輩に言われ。

結局あみだで決めました←


あたしは「葛城」です。
舞の最中も、実際に顔を隠すところがあったりするのである。
いや~、難しいよ!
つか、すり足すらまともじゃないのにさ・・・!!








話は変わりて。

昨日今日と、家に引きこもって、PCサイトを立ち上げようとすげー奮闘してました。


しかし、結果とは時についてこないもんなんだよな・・・。


見事に玉砕しまして、あきらめました・・・。
小説のページは毎回作って、載せるページはブログにしたろうやないか!と。
結構頑張ってたんになぁ・・・。

自分がこれで相当な負けず嫌いだとわかりましたけれどもね(ぇ
ちなみにオリジナル小説オンリーサイト。
ここで報告するかどうかは未定です;


ってなわけで、久しぶりの更新でした!

Bye!
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。